CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
SEARCH THIS SITE.
OTHERS
こんにちは。
先日、写真教室のクラス展を無事終え、白く燃え尽きている最中です。
その辺は写真ブログの方においおい書こうかなぁと・・・。

その写真教室の主催で、家族写真を展示して頂く企画があります。
ちょうど今週末に祖母宅で家族が集まるチャンスがあるので撮ろうかなぁと思っています。
久しぶりにフイルムカメラで・・・。

縁起でもない事だけど、なんか今祖母を撮っておかないと・・・という気持ちなのです。
祖母は18年前に夫(私の祖父)を亡くし、精神的にも肉体的にも厳しい状況が続いています。
でも祖母は気丈に生きています。


話は変わって、私のすきな漫画のひとつに観用少女(プランツ・ドール)というのがあります。
見た目は生き人形そのものなのですが性質?的には植物。プランツ(ドールのこと)の持ち主が
世話をしないといけない、って設定。お店で買って育てる(2次元的なアレとは一線を画しております)
流れは総て同じ、なオムニバス形式の漫画で、その話の一つにこんなのがあります。

とても大切にプランツを育てていた持ち主がある日亡くなってしまいます。
しかしその事に気づかないプランツは生き続けます。もしかしたら『持ち主が死んだ』という
事実を受け入れられてないだけかもしれません・・・。

プランツにとって、持ち主とすごした日々が生きていくモチベーションそのものだったのかなぁ。

しかしプランツはある日お店に引き取られ、店主からいたわりの言葉を聞かされます。
事実を受け入れたプランツは最期に枯れてゆく・・・。

この漫画全体的に漂う空気感がだいすき。
せつない。せつなすぎる。キュンキュンする。

さて私はどうして生き続けなきゃいけないんでしょうか。
| 活字中毒。 | 23:30 | comments(0) |yumiko |
| - | 23:30 | - |スポンサードリンク |
コメント
コメントする









<< 映画『ソウル・オブ・ロック』感想★☆☆☆ | main | あわぶり! >>