CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
SEARCH THIS SITE.
OTHERS
あらすじ。
*インドのミスター味っ子、フランスに行く。
*未亡人マダムの最期の恋。

ディズニー映画でもある為、久しぶりに最後まで安心して観られる映画でした。
タイトルを見る限りではマダムが主人公のように見えますが(もちろん主人公の一人です)、テーマ的には類い稀なる舌を持ったインド人青年が家族と共にフランスに渡り、インドのスパイスをフランス料理に持ち込んでフランス国内を一世風靡する、って方がウエイト高め。

お料理はみな美味しそうだし、映像もとっても綺麗。南フランスの雑多なマルシェ(パプリカの赤色がめっっちゃ素適に出てます)からパリのキラキラした夜景まで、ほんとうっとり。
音楽もインドの民族音楽からクラシック、La vie en roseまで幅広いけれどもシーン毎に整然と構成され、計算し尽くされたような印象。
・・・さすがディズニー。

てか英題の"THE HUNDRED-FOOT JOURNEY"(100フィート≓30メートルの旅)の方が良かったと思います。
青年たち家族が経営するインド料理屋と、マダムの経営するフランスレストランとが30メートルしか離れておらず、その間をあるきっかけで青年が旅をするのです。

もちろん各国料理を作るシーンも繊細で、観てるこっちもよだれを垂らしそう。
そういやフランスってキノコが豊富だよなぁ・・・。たべたし。
そしてインド料理にウニをたくさん使うものがあるなんて知らなかった・・・たべたし。

マダムにしろ市長夫人(秘書?)にしろ、フランス人のお姉様方の洗練された美しさ!
ああいう歳のとり方をしたいものです。まずはカラータイツを辞めましょう(無理っ!)。

明日はインド料理を食べに行きたい!タンドリーチキンとかティッカーとか(同じ)!
| 映画。 | 20:30 | comments(0) |yumiko |
| - | 20:30 | - |スポンサードリンク |
コメント
コメントする









<< 飲酒ログ。 | main | 【追記あり】映画『6才のボクが、大人になるまで。』感想★★★★★ >>